来夏の都議選、東京維新の会公認候補予定者(一次公認)が発表されました!

Published by satokoto on

おはようございます、都政対策委員(北区担当)の佐藤ことです。

先のツイートでもお伝えしたとおりなのですが、昨日12/18に都庁にて記者会見が開かれ、東京維新の会公認候補予定者の一次公認4名が発表されました。

大田区  松田りゅうすけ
北区   佐藤こと
練馬区  わかたび啓太
世田谷区 岡林ひろか

会見中の様子はぜひこちらのYouTube配信をご覧ください!
自己紹介と決意を簡単な挨拶としてお話したのですが、めちゃくちゃ緊張して手が震えましたが「内容よかったよ」とお声がけいただけてよかったです。。。

(わ、サムネイルがかっこよく差し変わっている…!)

急遽冒頭に、都民ファーストの会を離党し日本維新の会に加わってくださった西郷あゆ美都議の記者会見が入りました。私もギリギリのタイミングまで知らなかったのですが、仲間が増えるのは嬉しいものですね。

西郷都議は任期中にご出産も経験されているということで、妊娠出産育児と都議会の両立の工夫、ぜひお伺いしてみたいなと思いました!やはりここがクリアできないと若い女性候補は増えていかないので…。コロナ禍で働き方も変化する中、都議会も変化を受け入れてもらいたい。例えば本会議や委員会へのオンライン出席など、積極的に議論していきたいと思っています。

さて、記者会見を終えると、撮影タイム。名前や日付を書いた紙をもって、集まってくださった各社の記者さんに撮影してもらいます。

なんだか囚人のようですね…。

そして、各社から「調査票」というものを受け取ります。簡単な履歴書のようなもので、名前(選管に届け出る氏名と戸籍名)や生年月日、年齢、住所、経歴などを記入します。

この調査票、内容はほとんど同じなのですが、各社フォーマットがバラバラ。しかも手書きなので同じような内容を何度も何度も書かなければいけなくて地味に大変、、、と思っていたのですが、今回はなんと!コロナの影響なのかほとんどの新聞社でデータ提出もできるようになっていました!すごい!!

コロナ禍でデジタル化が進んだ側面を実感しました。
( 次のステップとしては、ぜひフォーマットを統一いただいて各社での共有ができるようにしてもらえると嬉しいです! )

記者会見後に柳ケ瀬参議院議員のYouTubeチャンネル「やなチャン!」で突撃インタビューもしてもらいました!見ていただくと我々の素の雰囲気も分かるかと思いますので、こちらもぜひ^^

それでは今日はこのへんで。